.
 
 
 
吹き付け断熱
吹き付け断熱
断熱性能の高さはもちろん、発泡することにより現場の形状にぴったりと密着するため、気密性 の高い施工を実現。 自己接着力により末永く断熱性能を維持します。

樹脂サッシ
樹脂サッシ
樹脂サッシは世界の標準
■高い断熱性能で窓周りの結露を防止
■高い遮音性能で室内はとっても静かに
■光熱費が約4割もお得になる
■結露によるカビの発生がなく、アトピーなどのアレルギーの予防に
高い断熱性能で光熱費を削減。結露発生も抑えるオール樹脂サッシ+遮熱LOW-Eペアガラス。
 
従来よりもひとまわり厚いオール樹脂サッシを採用することで一般のアルミサッシよりも約3倍の断熱性能を生み出します。
金属であるアルミは熱伝導率が高く熱を伝えやすいため外気温が低い冬には窓面温度が下がり、結露が発生します。
アルミサッシの結露は窓の木枠や壁を濡らし、時間をかけて木や壁紙を腐らせて家の寿命を縮めるだけでなく、カビやダニの発生源となります。そのためお子様がアレルギーやアトピーを引き起こすもとになるのです。
 
オール樹脂サッシは樹脂素材であり、高い気密性能により熱伝導率が低く、ガラスも2重構造の 為結露を防止します。 同時に遮音性能も優れていて安らぎの場である室内を屋外の騒音から遮り、室内の物音も外に漏 れにくくプライバシーを守ります。

高遮熱・高断熱「Low-E複層ガラス」
高遮熱・高断熱「Low-E複層ガラス」
 

窓の近くで、冷っと感じたことありませんか?
熱窓の近くで、冷っと感じたことありませんか? 熱の出入りが最も多い窓こそ快適にするキーアイテム。 楽々自然住宅では、次世代エネルギー基準に適合して様々な環境に対応する「複層ガラス」より、 更に遮熱性と断熱性の高い「Low-E複層ガラス」を推奨しています。 そのため、冬は室内の暖かい熱を逃さず、夏は涼しさをキープし、年間冷暖房費も大幅ダウン。 家計にも環境にもやさしい住まいを実現できます。また、紫外線を82%もカットするので、家具 やカーペットなどの日焼けの心配も減ります。
 
*カーサカリーナ仕様はペアガラスになります。(オプション変更が可能です)


基礎パッキン工法
基礎パッキン工法
基礎コンクリートは地面からの湿気を吸い込む性質があります。基礎パッキンにより、土台と基 礎との間に20ミリの通気層を設けていますので、土台は乾燥状態を保ち、湿気によるシロアリや 腐朽菌の害を受けにくい構造となっています。シロアリや腐朽菌の害は、温暖化とともに急増し ており、その対策を怠ると、耐震性、耐久性に重大な影響を受けてしまいます。

高性能木製玄関ドア
高性能木製玄関ドア
優れた耐火性・防犯性・高断熱、表面材にチークの天然目を採用した
北欧デザインのオリジナル限定品 ハイスペック玄関ドア

 
高性能木製玄関ドア
優れた耐火性・防犯性・高断熱、表面材にチークの天然目を採用した北欧デザインのハイスペック玄関ドア
 
家族を守耐火性る高い防犯性
高い防犯性も大きな特徴。錠前は日本政府の定めるCP(防犯建物部品)に認定された製品です。
 
高断熱木製玄関ドア
熱貫流率=0.943W/m2kという驚異の断熱性能。通常使われるアルミの玄関ドアよりも高い断熱性 能を持ち、外気の温度を室内に伝えず、また室内の温度を外にも逃がさないので、熱ロスを大幅 に制御します。
 
信頼を証明する防火設備認定
オプションで防火設備認定商品の対応も可能。厳しい建築基準が設けられる準防火地域での使用も認められています。
 
■ガラスはトリプル(3枚)ガラスだから高断熱で防犯面も安心
■工事中は工事専用の鍵があるから安心


木造軸組み工法(在来工法)
木造軸組み工法(在来工法)
casa carina新潟では、日本の風土に合った伝統的な建築方法である、木造軸組み工法(在来工 法)を標準としています。
木造建築物の工法の一つで木材を使った土台と柱、梁に金物を組み合わせて建物を組み立てる工 法です。
 

基礎の上の土台に柱を立て、その上に梁を掛けて、構造用面材で補強し耐震性を高めます。

地震による揺れが2x4工法より大きいと言われていますが、最近の木造軸組工法は、耐震金物 などで補強しているので強度は2x4工法と変わらなくなりました。
casa carina新潟では、在来の木造軸組み工法に構造用面材を組み合わせて、耐震・耐久性を高 めています。
 
柱で建物を支えている為、壁を抜いて間取りを変えたり、壁に大きな開口(窓)を作ることも比 較的容易にできます。特にリフォームで間取りを変えたり、増築も簡単にできます。 casa carina新潟では、ご家族の暮らしに応じて、後々のリフォームや増築にも対応できる工法 を選んでいます。
 
*2×4工法では壁で建物を支えている為、壁を自由に抜けない、大きな開口をとれないと間取 りに制限が出やすく、リフォームでは、壁を抜けない等の制約が多くなりがちです。
 
メリット
■間取りに融通が利きやすく、リフォームや増築がしやすい
■接合部に金物を用いることで、軸組全体が強化されて耐震補強ができる
■日本の風土に適し、大きな窓を設置でき、光と風を取り込める